チベット体操で今から始まる若返り

 -----------------------------------------------------------------------------
チベット体操のイメージ

私たちの体は、まだまだ捨てたモンじゃないんです。
チベット体操で心も体も健康で若々しいステキな人生を送りましょう。

あなたのチベット体操は、どういう段階にありますか?

 まったく初めてですか?
 3日坊主になってしまっていませんか?
 自分流のチベット体操に疑問を抱いていませんか?
 体験講座で気づきがありませんでしたか?
 日々の体操で新たな疑問が生まていませんか?
 もっともっと変化したくありませんか?

チベットクラブでは、まずはチベット体操がどういうものかご理解いただくために【体験講座】をご用意しています。

 ■ チベットクラブのチベット体操講座について      ■ 講座体験者の声はこちら
----------------------------------------------------------------------------------------
 ■ これからの講座開催スケジュールはこちら      ■ これまでの講座日記はこちら
----------------------------------------------------------------------------------------

丹田呼吸のイメージ
●丹田で呼吸なんてできるの?
  丹田ってそんなところなの?そんなところに息が入るの?
●「とほほ」の呼吸法って?
  「とほほ」って云うまで吐ききるって、どのくらい?
●呼吸のリズムは、何秒くらい?
  体験講座での呼吸は、ものすごくゆっくりだったけど、続かない・・・。
●チャクラ?
  「チャクラ」って何なの?
●ぐるぐる回ると目が回っちゃう・・。
  美輪明宏さんがテレビでグルグル10回以上も、しかもものすごく早く回ってたけど・・。
●体操しながら呼吸ができない。
  息を吸いながら足を上げるなんてムリじゃない?
チベット体操のイメージ ●肩とか首すじが・・・・
  肩とか首すじが痛くなっちゃうんだけど・・・・。
●朝?夜?
  体操は、朝がイイの?夜がイイの?両方するの?
●本には、最高21回体操するって書いてあるけど・・・。
  とても21回なんてできない・・・・。
●1日15分?
  3回づつで7〜8分で終わっちゃうけど・・・・・。
●体操と体操の間はどーするの?
  ひとつの体操が終わって次の体操に移る時は、どーするの?

【体験講座】によって体操を続けられれば、それに越したことはありません。それだけで充分に効果は期待出来ます。しかし、チベット体操は奥が深く、【体験講座】では、お伝えきれないコトが多く、また、毎日続けることで次々に新たな疑問が浮かんできますので、そんな場合は、【しっかりコース】や、それに続く【みっちりコース】でチベット体操を自分のモノにしましょう。

ウエウストのイメージ

  • 8ヶ月で18キロ体重が落ちた。
  • ウェストが10センチ縮まった。
  • 足、細くなったぁ。
  • 肺活量があがった。
  • 筋力があがった。
  • 階段の上がり下がりで息が切れなくなった。
  • 立ち仕事で足がパンパンにならなくなった。
  • 花粉症のマスクをしなくても良くなった。
  • 朝のお通じがしっかりあるようになった。 チベット体操のイメージ
  • 寝付きが良くなった。
  • 寝起きがすっきりしているようになった。
  • オシャレするようになっちゃった。
  • 気持ちが落ち着いていられるようになった。

そんな声が届いています。

それは、チベット体操を毎日続けている人たちの新たな気づきと疑問と驚きと喜びの声です。

誰しもみな、心と体の健康は、人生における大きな大切なテーマであることは解っていても、忙しさを言い訳にして、
何事も3日坊主で、心も体もおろそかにしっ放しだったりしていませんか。 チベット体操のふたりのイメージ

心と体の健康が損なわれると、自分だけじゃなく、
家庭や地域や学校や職場もギクシャクしますね。

チベット体操で、心身共にリフレッシュする方法と時間を身につけて、
それをみなで共有すれば、、心身共にリフレッシュし、また若返るのはもちろん、
健康な会話も生まれ、コミュニケーションを円滑にするようです。

まずは、【体験講座】から、そして 【しっかりコース】と、それに続く 【みっちりコース】で
チベット体操を自分のモノにして、 1日わずか15分の自分自身へのご褒美の時間をチベッ
ト体操で過ごしましょう。

【しっかりコース】のご案内はこちらです。
=============================================================================================